トップページ → 日陰でも日焼けします

日陰でも日焼けします

真夏のよく晴れた日に、もし日焼け防止対策など何もしないまま外に出てしまえば、当然ながら日焼けをしてしまいます。そうならないためにも、日傘をさしたり、日焼け止めクリームを塗ったりします。ただ、日陰を選んで歩いていれば日焼けなんてしないのではないか、そんな風にも思いますよね。季節も秋や冬であれば日焼けをしないはずじゃないか、そんな風にも思うのではないでしょうか。

 

その考えは実は危険なのです。まずは、日焼けをする仕組みを考えてみましょう。太陽光線の中の波長の短い「紫外線」がたくさん人の体に当たると、人体に有害となってしまいます。有害物質が皮膚の細胞を傷つけてしまい、黒くなったりまたは赤くなったりもします。これがいわゆる日焼けの状態です。

 

この紫外線というのは、私たちの目には見えません。そして、波長がとても短い光の一種なのです。光の一種ということは、日陰であったとしても多少は降り注いでいるということになります。そして、様々な物に反射するという性質があるので、帽子や日傘等で予防しても身体に飛び込んできてしまうのです。特に、コンクリートや水面から反射されると、日傘や帽子でいくら防ごうとしても防ぎきれません。

 

秋や冬の季節は、夏と比べればたしかに紫外線の量は減少します。でも、長い時間外に居たのであれば、なかなか気づきにくいかもしれませんが目立たない日焼けをしてしまうようです。冬は「スキー焼け」といって、太陽光が雪に反射してしまい、顔だけが焼けてしまうといった現象も生じます。

 

また、目に眩しい光を受けると角膜に細かな傷ができるため、紫外線を浴びているから体を守れと脳が判断して日焼けしてしまうことが分かっています。つまり、日陰で体に紫外線が直接当たらない場合でも日焼けはしてしまうのです。