トップページ → 思春期ニキビと大人ニキビにはどう違いがあるのか

思春期ニキビと大人ニキビにはどう違いがあるのか

ニキビには種類があり思春期に出来るニキビと大人になってから出来るニキビがあります。これらは原因も違いますし、さらにニキビが出来る場所も違います。どういう風に違うのか、しっかりと把握しておきましょう。

 

まず違いを知る前に思春期ニキビと大人ニキビがどういったものなのかを把握していてもらいたいのですが、まず思春期ニキビというのは10代に出来るニキビであり、原因としては成長期における皮脂の過剰分泌が原因とされています。思春期の時期というのは成長ホルモンが分泌されてこれが皮脂を刺激することで皮脂が過剰分泌されますので毛穴がつまりやアスクなってアクネ菌が繁殖しやすくなります。それが原因でニキビが出来やすくなります。

 

20代になるとホルモンバランスが整ってくるのでこの思春期ニキビは出来なくなっていきます。一方で大人ニキビというのは食生活や生活習慣の乱れ、睡眠不足、ストレスといった多くの要因によって引き起こされてしまいます。こういったことが要因になって肌のターンオーバーが乱れて大人ニキビが出来てしまいます。

 

では、この大人ニキビと思春期ニキビの違いに関してですが、出来る場所でまず判断することができます。思春期ニキビの原因は皮脂の分泌が原因になりますので、鼻やTゾーンから頬までの広範囲に出来ます。しかし大人ニキビはアゴやフェイスライン、そして首筋にかけて出来ます。ちなみに思春期ニキビと大人ニキビというのは改善策が異なり、思春期ニキビは皮脂の量と水分量をしっかりと保つことが大事だといわれますが、大人ニキビは生活習慣を見直すということが大事だといわれています。

 

できてしまったニキビ エステ ランキングで対策するという方法もあります。普段、自宅ではできないスペシャルなケアをしてもらうことで、肌のターンオーバーを整え、良い状態に早く近づけることも難しくありません。繰り返すニキビに困っているという方は、エステでニキビ対策というのも選択肢の一つに加えてみてはどうでしょうか。