トップページ → お風呂で疲労回復したいならお湯の温度にも注目!

お風呂で疲労回復したいならお湯の温度にも注目!

仕事で疲れた後の入浴タイムというのは至福の時だと感じている人も多いでしょう。この入浴の方法次第で精神疲労と肉体疲労のような疲労を回復しやすくすることも可能になります。

 

肉体疲労の場合
肉体疲労による疲れなのであれば、熱めのお湯に浸かると良いでしょう。熱めのお湯に浸かることによって代謝を高めることが出来るようになります。これによって乳酸などのような疲労物質を汗と一緒に排出しやすくすることができます。さらに老廃物も排出することが出来るようになりますし、仕事で緊張してしまっている筋肉を緩和しやすくすることが出来るのです。

 

肉体疲労の場合、お湯の温度は42℃くらいが良いとされています。これくらいの温度のお湯であれば代謝が活発になっていくことになり、半身浴を10分ほどするだけでも汗をかくようになりますし、老廃物も排出されるようになるのです。なお、熱めのお湯に浸かるのであれば、全身浴ではなく半身浴にしてください。全身浴だと心臓に大きな負担がかかってしまって体によろしくありません。お風呂に入りつつ、マッサージをすることでリンパや血液の流れも改善しやすくすることが出来るようになり、筋肉の緊張を解したり老廃物を排出しやすくすることができます。